前へ
次へ

エイジングが楽しみ♪愛着心が木製文具に宿る

世田谷の不動産として土地を合筆しようというときには、世田谷の不動産登記法41条の規定によって制限されているケースもあります。まず、つながっていない土地については合筆することができないのですが、これは当然といえば当然です。また、地目や地番区域が異なっている土地については、対象外となります。表題部の所有者か所有権の登記名義人が異なっている場合、相互に持分が異なっている場合についても同様です。そのほか、片方には所有権の登記がありもう片方には所有権の登記がないという場合、所有権の登記以外にも用益物権、担保物権といった権利に関する登記が行われている土地についても合筆することはできません。ただ、この場合には法務省令において、権利に関する登記で合筆した後の登記記録に登記することができると定められていれば可能です。

top用置換

top用置換2
Page Top