皆さん、お待たせしています。

此処はやはり、カナダですね。こんな小さな店の改装に4ヶ月間も掛かりました。

このラーメン屋は、皆さんすでにご存知の方も居ると思いますが、味に関しては、全て、元、肉屋の親父がプロデュースしています。店のマネージャーは、元、マンゴパパと、マンゴママです。

肉屋の元、親父、実は私ですが、2010年9月に引退しまして、会社を息子に譲りました。なので、元、肉屋の親父なんです。

実は、ラーメン屋の計画は、肉屋を始めた時から、何時かはラーメン屋もやりたいとの思いがあり、8年間、静かに色々研究してきたんです。

もともと日本でも肉屋をやっておりましたから、日本でのお得意様のラーメン屋さんのレシピは大体解る。

一時、バンクーバーでブームになりかけた、ブルーハウスのラーメンを手がけたのも私です。

私に相談してきたときは、もう商売が行き詰まり、虫の息でした。でも、私の味でわずか3ヶ月で、TV 取材されたくらいです。でも持ちこたえる事が出来ませんでしたね。

そんな背景もあり、今度は自分独自の味。特に昭和の味にこだわり研究してきました。最近のラーメンは、とんこつ主体で、材料を色々混ぜ過ぎて、いじりすぎて味が複雑になりすぎていると感じたからです。

そんな時、飛騨で、昔懐かしい、高山ラーメンに出会いました。もともと凝り性です。

趣味の剣道も素人ながら、最高位の八段にまでなりました。剣道家5000人に一人しか到達できない段位です。ですから、研究熱心では人後に落ちません。

もともと日本人は、刺身でその魚の微妙な持ち味を判断できて、堪能できる、敏感な舌を持っています。

処が、最近では、科学調味料が幅を利かせて、色々味が複雑になり、素材の持つ本当の味が解らなくなりつつあります。

そこで、原点に返ろうと考えました。それが自分を飛騨に通わせ、製麺から勉強させる動機になりました。

それが、魚介スープに目を向けるきっかけにもなりました。
繊細な麺の味は、ごまかしの無い魚介スープで無ければ味わえない。

其処が到達した結論でした。

自分が色々言うより、まず食べてみてください。チャーシューは元々肉屋ですから、美味しいチャシューを目一杯、奮発しましたよ。

必ず納得頂けると信じています。


Shop Info


Place
Robson Public Market 2nd Floor
203-1610 Robson St Vancouver B.C Canada.
Shop hour
●from Sunday to Thursday
 --> 11.00am〜8.00pm
●Friday,Saturday
 --> 11.00am〜8.45pm

Hida News [English]

Hida News [ Japanese]

Past News